Guitarist Kominami Kazumaro Official Website

麿的徒然日記〜マログ〜
麿的徒然日記〜マログ〜

寄生虫(^^)

2009.09.30

なんとも言えないタイトルから始まった
今日のマログ。
僕は雑学が大好きでして、
僕のライヴに来てくれた方には
帰りにはひとつでも雑学を持って帰ってもらいたいなぁ、
なんて思っているのですが・・・。
前にも書いたかも知れませんが、僕は一時期
生物学の本にはまっていまして、竹内久美子さんの本を
よく読んでいました。
本家本元のリチャードドーキンスも有名ですよね。
で、今日のニューストピックに「Tレックス、寄生虫に勝てず・・・」
なんて興味深い見出しがあるじゃぁあぁりませんかぁ!!!!
詳しくはナショナルジオグラフィックのサイトを見てくださいね。
生物というのは寄生虫やウイルス、菌との戦いの歴史のようです。
本を読むと、メスが免疫力の強いオスを選ぶ事によってその子孫が
生き残っていくというのが命題のようです。
オスはメスから作られていて、オスは生きるのには関係のないところに
エネルギーをそそぎ、「ほら、僕はこんな所に栄養を持ってこれるんだよ」と言わんばかりに
メスへのプレゼンをします。有名なのはクジャクの羽の目の数だったり、
燕の雄のしっぽは長くて左右対称なほどメスに持てるなど・・・。
またこの話も泣かせます。
免疫力の弱いオスとつがいになったメスほど浮気するなど・・・。
いやぁ、ほんと生物って面白いです(^^)
考えてみたら化石しかない生物って実は色や姿形は想像でしかないんですよね。
姿形はある程度骨格から想像できるにしろ、色や皮膚の感じはわからないんですよね。
極端ですが、Tレックスがピンクの可能性もなきにしもあらず・・・、それはないか(*^^)v
音楽の話も書きたいのですが、今日は寄生虫が気になりまして・・・。
いやぁ、生物って本当におもしろいですね、さよなら、さよなら、さよなら\(^O^)/
まろ
ナショナルジオグラフィックにあったTレックスのイメージをアップします。

画像

秋ですね。関東地方は雨交じりの天気でした。
秋はいろんな事を考えたりします。
夏のツアーが終わって落ち着いている時期なので
余計かも知れませんが。
やっぱり人って年月を経ても本質的に好きなものや目標にするものって
変わらない気がします。
でも面白い事に嫌いなものはだんだん減ってくるんですよね(^^)
嫌いなものの事情もわかる余裕がでてくるのでしょうか・・・。
若いときより経験を経る事によって寛大になってくるんでしょうね。
若者ってある意味残酷ですもんね(^-^)
なんて秋の夜長を焼酎片手に考えてしまいます(^o^)
何が言いたいかというと、
自分の好きなタイプのミュージシャンやサッカー選手、
テニス選手が案外似たタイプなんですよ\(^O^)/
あっはっはっは\(^O^)/\(^O^)/
あこがれのミュージシャン達は僕もプロなので
様々な人が好きというか、嫌いな人はいないのですが、
スポーツ選手は、テクニックがあってワイルドな選手が好きですね!!!
エリックカントナやロベルトバッジオ(彼はわりと冷静かな?)好きだったなぁ・・・。
最近はウェインルーニーも良いですね!!
テニスはラファエルナダル!!!! アンドレアガシも好きです。
フェルナンドゴンザレスも好きですね。
今挙げた選手達の才能はもちろん凄いのですが、
情熱が好きです。
クールな人よりは熱く生きたい!!
でも友達にするならクールなヤツが良いなぁσ(^^)
な~んて涼しい秋の夜長に考える、41歳小南数麿でした(^^)
よっぱらいの戯言だと思ってくだされぃ(∩.∩)
焼酎のお湯割り、もう一杯もらっていいかな?
まろ
写真はマンチェスターユナイテッドの頃のカントナと
アガシ・・・二人とも似ているなぁ・・・、
そして二人の顔をちょっと水で薄めて東洋人風にすると・・・・、
スキンヘッドの頃の自分に似ているような・・・。

画像
画像

テニスファンの皆様、こんばんは。
いやぁ、伊達さん凄いです(^^)
韓国オープンは国際大会です。
WTA(世界女子テニス協会)の大会ランクでは、
インターナショナル大会ですね。
グランドスラムが男女共通の国際大会の最高の
大会ですが、その下部大会から男女別になります。
女子はプレミア、インターナショナルとランクが別れます。
男子は、ATP(世界男子テニス協会)で、マスターズ、
インターナショナルとなるのかな?
男女とも大会のレベルが上がるにつれて大会数も減ってきます。
そのインターナショナルランクで優勝するなんて・・・
おみそれいたしましたm(__)m
国際大会での優勝最年長記録2位になってようです。
オープン化以降では一番年長じゃないかな。
素晴らしいです(T_T)
し、しかし、なんでこんなにニュースにならないのか・・・。
でも・・・テレビをあまり見ない僕が報道されてるかどうかわかるのか・・・。
錦織選手、本格的な復帰は来年からのようですが、
楽しみですね!!!!
今日は久々に可愛い生徒達に会ってきました。
みんな頑張っています。
おじさんにも励みになりましたよ\(^O^)/
ではでは。
まろ

画像

いや、びっくり!! 朝起きたら
ハイビスカスが2輪咲き誇っていました(^o^)
不思議ですね。アベックホームランならぬ
アベック咲ですよ(^○^)。
なんだか綺麗な花ってのも良いもんですな。
30後半くらいから花の良さが小生にも
多少わかるようになってきました。
さて、今日まではゆっくりしようと思い、
週末は家族と過ごしました。
良い天気にも恵まれて良かったです。
まぁ、夜は宴会が毎夜のごとく・・・(^_^;
さぁ、明日は久々の学校の授業です。
生徒に忘れられてるかも・・・(^_^;
がんばんべぇ\(^O^)/
仕事も明日から再開です。
まずは休んだリハビリと、新曲作りです。
10月のn/の後、11月にはソロライヴと
他のライヴも入れようと思っています。
また年末まで突っ走りますよぉ!!!!!
お楽しみに!!
まろ

画像

ハイビスカス

2009.09.26

家で育てているハイビスカスが咲きました。
綺麗に撮れたので掲載したいと思います。
みなさんが良い気持ちになってもらえれば幸いです。
まろ

画像

  

サックスの山本一氏よりデジタル一眼レフの
レンズを借りました。
カメラ部の先輩でもある山本氏から単焦点レンズ(簡単に言えば
ズームとかできないレンズです)を借りました。
今日は少し時間ができたので自宅周りを撮影に
出かけました。 そうするといろいろな発見があるんですね!!
楽しかったです。
この単焦点レンズは、Canon 50mm F1.4 です。このレンズは暗いところでも
結構明るく撮れます。 僕のカメラはAPS-Cサイズなので焦点距離が
76mm位ですかね。
肉眼とは違うとらえ方ができて面白いです。
僕はどちらかというとアートよりはフィジカル好きなので
ついついスポーツに走りがちですが、カメラがバランスを
僕の心のバランスをとってくれています。
楽しいです。
落ち着いたので僕の自慢の(????)写真を近々披露しますね。
では、今日はこの辺で\(^O^)/
まろ

画像

読書の秋

2009.09.24

画像
秋らしくなってきましたね。
関東地方は秋晴れでした。
読書の秋、塩野七生女史著のローマ人の物語を読もうと思っております。読めるかなぁ(^_^;)
塩野さんの本はチェーザレボルジアの本は読みました。歴史物好きなので秋の夜長に少しずつ読もうと思います。
まろ

最終日

2009.09.23

画像
いよいよ今日でひろみさんのツアーも終わりです(^O^)
楽しみたいと思います(^O^)
みなさんも楽しんでね(^o^)/
写真は今日の僕の立ち位置のバミリです。
まろ

画像

画像
札幌から帰ってきました(^O^)
今回の旅は内容の濃いものでした。
仙台での自分のソロライブに、札幌でのズッキーラとn/。
盛岡でのリハーサルも入れると休みは1日だけでした。疲れましたが得るものも大きい旅でした。うまくいったのも見に来てくれた方々のおかげです。
改めてお礼を言わせていただきます。
ありがとうm(_ _)m
今日のネタはツアーで10年以上も愛用してきたカバンです。
とうとう壊れてしいました(T_T)
底が破けてしまったのです。酷使してきたのでしょうがないですね。
次の旅からは新しいものに換えます。
お疲れさんでした。
明日はいよいよ最終日、NHKホールです(^O^)
まろ

画像

画像
今日が旅の最後の夜です(^O^)
長いツアーも残すところ後一本です(^O^)
54本が無事終了しました。
今年も無事に楽しく終われそうなことを嬉しく思います。
しかし後一本にも全力を尽くしますよ(^o^)/
写真はジョギングで北海道神宮に行ったときの参道の鳥居です。
北海道は鳥居もでっかいどう(^o^)/
まろ

123

Profile

小南数麿

小南数麿(こみなみかずまろ)

ギタリスト / アレンジャー / コンポーザー / エンジニア

1989年よりプロギタリストとしてキャリアをスタート。
数々のアーティストのレコーディング、ツアーに参加する。
2004年12月よりソロアコースティックギターでのインストゥルメンタル音楽の活動を開始する。

12弦、6弦、フラメンコギターからエレキまでこなし、幅広いプレイをモットーとする。

Archive

Management

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-1-9Yazawaビル4F
nuclearness合同会社
info@create-n.net 担当:栗原

小南数麿へのメッセージはこちらからお送り下さい

お名前

メールアドレス

メッセージ内容