Guitarist Kominami Kazumaro Official Website

麿的徒然日記〜マログ〜
麿的徒然日記〜マログ〜

今日はポルトガルギターです。
写真をご覧下さい。
これも日本では珍しい楽器です。
でもとてもきれいな音がします。
ポルトガルの音楽、ファドで使用するのが主ですが、
インストゥルメンタルミュージックでも使用します。
出先なのでアーティスト名はわかりませんが、
CD何枚か持っています。
僕の12弦ギターの曲のインスピレーションは
このポルトガルギターとマンドリンからだったりします。
12弦ギターと同じ6コース複弦です。
チューニングは違います。
日本ではマリオネットというユニットがあります。
機会があれば是非。
まろ

画像

昨日の多弦ギター話からの続きです。
たまにはマニアックな話題が続くのもいいかと(^_^;
日本ではギター自体がまだまだメジャーではありませんが、
多弦ギターで活躍している方も少ないですがいらっしゃいます。
なんせ音楽大学にもギター科がほとんどないくらいですからね・・・(T.T)
あっ、テニスにもね\(^O^)/
愚痴はさておいて・・・
僕も喉から手が出るほど多弦ギターが欲しいのですが、
僕の仕事柄、エレキからアコギなんでも弾くのでアンプ、エフェクターetc,,,
いろいろとお金がかかります(^◇^;)
なんて言い訳もさておいて・・・(^_^;
でも欲しい楽器を買うまで思い悩むのも楽しいもの。
僕はいつか多弦ギターを手に入れたいです!!!
今日ご紹介するのはハープギター。
僕のMy Spaceのフレンズのジョンドーンやミュリエルアンダーソン達も
使っています。
写真がそのハープギターです。
見ているだけでよだれが垂れてきます∈^0^∋
MICHIHIRO MATSUDAという
米国在住のギタールチアー(製作家)です。
・・・なんだか学者といい、製作家といい、
優れた人はみんな日本を出て行くなぁ(^_^;
また愚痴はさておき・・・
ハープギターの上部に張ってある太い弦は共鳴用です。
共鳴用と言ってもわからないですよね、弾かずに他の弦の音に
反応するように張ってあるだけです。
何故かというと6弦ギターだと(レギュラーチューニングの場合)
共鳴しない音が必ずあってそこがすごく貧弱になります。
それを補ってピアノのような豊かな響きにする為につけてあるのですね。
とてもふくよかな音がするそうです。
(ピアノは一つの鍵盤に対して弦が最高で3本張られています。
一台のピアノには200本以上張られてるんですね)
ですが、欠点はふくよかな分、低音弦の消音を怠ると響きが濁ってきます。
ギターは消音との戦いの楽器ですからね、難しいですね。
弾いてみたいけど、日本にはハープギターはほとんどありません(T.T)
大阪に良いギターショップがあるので今度行ってみます。
いつか手に入れて皆さんの前で電気を通さずに生で聴いてもらうのが夢です。
響きが豊かなので生が良いですよね(^o^)
長くなりましたが、このへんで(^O^)/
明日も他の多弦ギター特集しますよ。
まろ

画像

今日も素晴らしいライヴを見ました(^◇^)
クラッシックギタリスト、イェランセルシェルのライヴです。
残念ながら生ではないのですが、一昨年の12月に彼が
来日したときのものをBSハイビジョンでやってくれました。
再放送なのですが、以前見逃してしまい悔しい思いをしました。
彼は11弦のクラッシックギターをプレイするのですが、
バッハ等のバロック音楽を演奏する為に作られた楽器です。
ウェブで少し調べたのですが、スェーデンのルチアー(楽器製作家)に
よって初めて作られたようです。
ちなみにイェランもスェーデン人です。
いやぁ、本当にすごいです。多弦ギターの難しさは僕も
少しはわかっているつもりです。
テレビの前で拍手してましたよ\(^O^)/
「チューニングは11弦目の低音側からB♭,C,D,E♭,F,G,C,F,B♭,D,G
となっており、すなわち、1弦から6弦分は一般のギターの3フレットの音高になっています。
別名、アルトギターと呼ばれているようで、
古楽のリュートの原曲を演奏できるように作られたギターのようです」
との事です。
僕は多弦ギターに目がありません(^○^)
実際僕もプレイしている12弦ギター、それにハープギター、
リュートも大好きです。ポルトガルギターもね(^o^)
先日見た東儀秀樹さんのライヴで使われていた琵琶にも興味があります。
かっこいいですよね!!!
・・・なんだか最近マニアックになっていくなぁ(^_^;
購入しているCDやDVDも全部インスト(歌なし)だしなぁ・・・。
唯一ジョンメイヤーくらいかな・・・。
まろ

画像

今日はテニスネタです。
わからない方、すいませんm(__)m
フェデラーが久々のツアー優勝です!!!
しかもクレーコートでナダルを破っての優勝です。
凄いですね!!!
さてさて、ソロライヴも終わり私の頭の中はロランギャロス(全仏オープン)
一色です(^○^)
今回はナダルの5連覇がかかっています。
去年ウィンブルドン(全英オープン)でのフェデラーの5連覇を破り
優勝したナダル。
今年は逆にフェデラーに前人未踏のロランギャロス5連覇を阻まれるのか・・・・。
あぁ・・・もうたまりません\(^O^)/
まろ

画像

僕も楽しめました。
ギターを弾いて、拍手をもらうのは
本当に最高です。
ありがとうございます。
曲順は、
Swan Song
Amazing Grace
Shades of Love
見上げてごらん夜の星を
天気雨
Fairy Tale
Night Birds
In a Garden
Assault Attack
Snap Your Fingers
Coast Highway
狂ったオルゴール
月の裏側
Flamear
Flow
Hindu Squat
Memory of Iki
Pray
です。
今日は指も休ませる為に
仕事は休み。
前から気になっていたCD、
マッコイタイナーのギターズ。
ベラフレック(バンジョー)
ビルフリゼル
ジョンスコフィールド
デレクトラックス
がゲストでやっています。
聴くのが楽しみです。
まろ

画像

あっ、書き込みしてくれる皆さんに、
ではないですよσ(^^)
なんちゃってね。
今日のお礼はうちの洗濯機にです。
最近カチャカチャうるさいなぁと思って
一番下の回転して水流を生むところがありますよね?
そこをばらしたらなんと、お金が一杯挟まっていました(^_^;)
写真に写っている額は880円です。
ほんと、開けてみてびっくりです。
みなさんも洗濯機を分解してみるといろんなものが
でてくるかも?!
ということで、明日はライヴですよぉ!!!
まろ

画像

東儀秀樹さん

2009.05.14

今朝彼のドキュメントとライヴを見ました。
いやぁ、素晴らしい方ですね(^o^)
僕もシルクロードの音楽 (といっても
あまりに幅が広すぎですけど) が大好きです。
特に中央アジアの音楽にしびれます。
雅楽もとても興味があります。
意外だったのは、1400年前もの前の形をとどめている
音楽というのは雅楽ぐらいらしいです。
確かにそうかも知れません。遺跡にしてもそうですが、
歴史を紐解くと、他国から侵略されるとその国の文化、そして人々も
はことごとく破壊され陵辱されています。
そして音楽は身近なものなので、生活と共に変化していきます。
東儀さんが番組中で言っていたのですが、ボーダーレスではなく、
ボーダーがあって初めての国際化だと。
僕もそう思います。違うからいいんですよね。
一昨日のマログにも書きましたが、日本人、東洋人らしさを
重んじて誇りに思いやっていきたいですね(^o^)
とても面白い番組でした。
写真は、東儀さんとウズベキスタンのサマルカンドの
レギスタン広場です。
いつか行きたいなぁ・・・。
まろ

画像
画像

改めて告知でございます。
今週土曜日下丸子ユニゾンで僕のソロライヴでございます。
お暇なら遊びに来てよね。私寂しいわぁ~~~。
ということでよろしくお願いしますm(__)m
小南数麿 ソロワンマンライヴ 
5月16日(土) 下丸子 ユニゾン
開場 18時 開演 18時30分 
3000円(1ドリンク含む) 
お問い合わせ 03-3757-1091 ユニゾン
ではでは(^O^)/
写真は去年の郷ひろみさんのツアーの本番前に
楽屋で練習している僕です。
PHOTO BY HAJIME YAMAMOTO
まろ

画像

今日も朝早くからDVDを小一時間見ましたよ。
最近はなるべくライヴDVDやCDを視聴する時間を
割いています。
やはり、いろんなミュージシャンのプレイは
とても刺激になります。
今日は昨日のファンクから打って変わって、
サザンロック。オールマンブラザーズバンドです。
オールマンズを聴くのは高校の時に初めて買った
「ライヴアットフィルモアイースト」以来です。
ジョニー、エドガーウインター兄弟、デュアン、グレッグオールマン兄弟、
レオンラッセル、アメリカ南部出身のプレイヤーは素晴らしい人たちばかりです。
おっと、忘れちゃいけないエリックジョンソンもそうですね。
現在のオールマンズは、ウォーレンヘインズと最近私ベタ惚れの、
デレクトラックス。(今日の写真の二人です)
ディッキーベッツとデュアンも良かったけど、
今の二人は格好良すぎです(^0^;)
ウォーレンヘインズの「ステイツボロブルース」は
涙もんでした(T.T)
会場のニューヨークのビーコンシアターも雰囲気があってよかったです。
こういうライヴを見るとアメリカでの音楽の在り方や、
英語のもっているリズム、この国から生まれた音楽だなぁと
感じさせられます。羨ましいですね。
僕も日本人ならではというか、東洋人としてなにか
音楽を遺せたらと思っています。
朝からコーヒー飲みながら一人で「イェーイ!!!!」なんて
盛り上がっていました。時計を見たらまだ9時前(^◇^;)
最高の音楽に酔いしれた朝でした。
今日もマニアックな音楽ネタですが、みなさんいつも
コメントありがとうございます\(^O^)/
まろ

画像

Profile

小南数麿

小南数麿(こみなみかずまろ)

ギタリスト / アレンジャー / コンポーザー / エンジニア

1989年よりプロギタリストとしてキャリアをスタート。
数々のアーティストのレコーディング、ツアーに参加する。
2004年12月よりソロアコースティックギターでのインストゥルメンタル音楽の活動を開始する。

12弦、6弦、フラメンコギターからエレキまでこなし、幅広いプレイをモットーとする。

Archive

Management

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-1-9Yazawaビル4F
nuclearness合同会社
info@create-n.net 担当:栗原

小南数麿へのメッセージはこちらからお送り下さい

お名前

メールアドレス

メッセージ内容